特殊清掃するほどの部屋って…?

特殊清掃まとめサイト

理想と現実のギャップ。それは自分の死のスタイルでもあり得ます、特殊清掃が求められるくらいの死に方はしたくないです。

特殊清掃まとめサイトのメイン画像

特殊清掃するほどの部屋って…?

死ぬときは畳の上で、家族に看取られながら…というのは、いつの時代でも誰しもが願うことではないでしょうか。

いわゆる大往生と言うやつですね。

しかし、そんな自然で当たり前にも思える死のスタイルでさえも叶わない時代となってしまいました。

アパートで身寄りがなく一人暮らしをしている高齢者の増加にともなって、孤独死も増加傾向です。

親の老後は子供たちが見るものというスタンスも、時代の流れですっかりと古い考えとなってしまったようです。

どんなに年を取っても病気をしても一人暮らしを選択せざるを得ないお年寄りが増えているようです。

問題なのはそう言った高齢者が孤立死を迎えたそのあとです。

遺族とは連絡が取れず、家財撤去が出来ない。

それだけならまだしも、遺体の発見が遅れ、腐敗が進み、腐敗臭や死臭がおびただしい、死痕がひどく原状回復工事も難しい…
そんなアパートやマンションの一室が日々増えているようです。

そのため、特殊清掃と呼ばれる、特殊清掃業が今、密かに増え始めているようです。

裏バイトととも呼ばれることがあり、その名の通りやはり一般的には、できることなら避けたい仕事内容のようです。

作業をする事件現場には、大量のゴミや汚染物、異臭や害虫なども半端ではないことが多く、やはりいくら収入が良くてもよほどのことがない限り進んで行いたい仕事ではありませんね。

そうなってくると気になるのは特殊清掃料金でしょうか。

いったいどのくらいかかるのでしょうね。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント